より良い暮らしプログラム


創立100周年を迎えた今年から「より良い暮らしプログラム」を開始いたします。このプログラムは今後11年におよぶエレクトロラックスの行動計画であり、世界中でより良い暮らし、持続可能な暮らしを作ることを目的としています。特に重点を置いているのは、100項目の大胆な行動リストを展開することです。私たちは、2030年までにこれらの行動を実施することを誓います。これらの行動は、カテゴリーにまたがって定義した、「より良い食生活」、「より良い衣類ケア」、「より良い住環境」、「より良い企業」という4つの明確な目標に向けた、私たちの誓約を表しています。

より良い住環境


劣悪な空気品質が人間の健康に対するリスクとして広まっています。人口の92%は汚染レベルが推奨上限値を超える場所に住んでいます。私たちは多くの時間――平均で1日あたり約16時間――を屋内で過ごしている中、これでは状況は悪化する一方です。換気が不十分なせいで、屋内の有害汚染物質の濃度は屋外の5倍に達する場合もあります。しかしこの状況は改善の余地があります。人々の家庭における健康の改善に向けた取り組みが可能です。

 

image-placeholder.png image-placeholder.png
image-placeholder.png image-placeholder.png
2030年の目標:家庭内の有害なアレルゲンおよび汚染物質を取り除きます。 2030年の目標:家庭内の有害なアレルゲンおよび汚染物質を取り除きます。

人々が屋内でよりきれいな空気を吸えるよう、汚れ、ほこり、アレルゲン、汚染物質を取り除く手助けをしながら、人々の住環境を最適化していきます。

image-placeholder.png image-placeholder.png
重点分野 重点分野

目標達成に向けて、製品イノベーションの推進、消費者の教育、さらなる研究の実施、意義あるパートナーシップの形成を模索します。「より良い住環境」の重点分野は以下の通りです。

  • 屋内空気品質および屋内気候を理解し改善します
  • 消費者が屋内の汚れやほこりを手軽に掃除できるようにします
  • 住環境の継続的モニタリングや最適化に向けて、接続性や自動化と関連させて検討します

「屋内の空気品質は、過去に比べて2倍から5倍悪化しています。」


モニカ・コレット、フィオレラ・トリビリン

空気品質および持続可能性イノベーター、エレクトロラックス、イタリア

購入

店舗で購入する