Swedish Design & Culture

スウェーデンの年末年始

スウェーデンでは、11月末から街のいたるところでクリスマスマーケットが開催され、クリスマスのムードが高まっていきます。

マーケットでは、この時期に必要なリースやオーナメントなどの伝統的な品物が売られています。また、美術大学のマーケットでは、生徒達が作った他では買えないものが販売され、プレゼントを探しにきた人々で溢れています。クリスマス前に家族全員分のプレゼントを選ぶ風習があるので、この時期は街全体が買い物客で活気に包まれています。

スウェーデンでは12月24日から26日は3連休。この3日間の休暇は家族で過ごす人がほとんどです。
24日の夕食はJulbord(ユールボード)という伝統的なディナーを食べます。Julbordとはビュッフェで、様々な料理が用意され、好きなだけお皿に取って食べるというもの。
ハム、ミートボール、アンチョビ入りポテトグラタン、ニシンなどの食べ物や、クリスマスビール、ユールマスト(スパイシーなソフトドリンク)、シュナップスといった飲み物が食卓に並びます。
Glögg(グルッグ)という赤ワインにスパイスを加えたものもスウェーデンではこの時期欠かせない飲みもの。ルッセカット(サフランの入ったスウェーデンの伝統的な菓子パン)やジンジャークッキーをお供にホットで飲みます。日本ではおなじみのクリスマスケーキではなく、主に暖かい食べ物が食卓に並べられるといったところがスウェーデンならでは。

25日の朝にはクリスマスポリッジというお米を牛乳で煮込んだ甘いおかゆを食べます。
この日は特に熱心なキリスト教信者でなくても教会に行くという伝統があります。日本の初詣のようなものかもしれません。

クリスマスが過ぎたあとの年末年始は、家族で過ごす以外に、友達と過ごす人も多いようです。
大晦日にはカウントダウンをし、年が明けたらシャンパンで乾杯、町じゅうで花火が打ち上がります。ここ近年では、ランタンに灯をともし空に放つことが流行っていて、夜空には無数のランタンが漂い、暖かな明かりで飾られます。
年明けは3日には仕事が始まるのが一般的。仕事始めは日本よりも少し早いですね。

スウェーデンの人々にとっての年末年始は、新年への期待がこもったイベントというだけでなく、真冬の寒さと暗さを忘れられるような、身も心も温まるイベントなのかもしれません。

前の記事

スウェーデン:街に寄り添うデザイン

次の記事

スウェーデン:ストックホルム地下鉄アート