料理に役立つ家電選び

料理をするときに調理用の家電製品を使えば、お好きな料理を手軽に作ることができます。しかし、それぞれのレシピにどのアイテムが最適かを判断するのは、なかなか難しいものです。そこで、製品を選ぶためのヒントをいくつかお教えしましょう。

スティックミキサー

コンパクトで取り扱いが簡単なので、毎日の食事の準備に重宝します。スープを直接鍋で混ぜたり、新鮮なフルーツをつかったコンポートやパンケーキなどバリエーションも様々です。主に調理済みの材料や調理液を混ぜ合わせるときに使用します。また、ESTM4600には便利な付属品も装備しており、「泡立てる、つぶす、まぜる、くだく、きざむ」の5役をこなします。ミニチョッパーは、ナッツなどの乾燥した材料や、肉などの弾力性のある材料を混ぜ合わせるのにとても便利です。また、少量のピューレ作りにも使うことができます。そして、泡立て器はホイップクリームやパン生地作り、卵を混ぜる時に利用します。

おすすめのスティックミキサーはこちら
ブレンダー

ブレンダーの万能さにかなうものはありません。ドライフルーツ、ナッツなどを細かく砕き粉末状にします。また、ミルクシェーク、スムージー、カクテル、スープの下ごしらえに、材料を液状にすることもお手のもの。さらに、ピューレ、ディップ、マヨネーズを作るときにも利用できます。ブレンダーは短時間で調理をするため消費電力が少なく、効率的なエコロジー製品ともいえます。また、刃の材質や形状を工夫することでブレンダーの効率を高めています。

おすすめのブレンダーはこちら
ハンドミキサー/スタンドミキサー

ハンドミキサーは泡立て器とフック付き。泡立て器は卵やクリームを泡立てたり、ベシャメルソースやパン生地を作るのに欠かせません。フックはパイ生地やパンやピザなどの厚い生地を作るのに使用します。自家製の生地やパンをよく作るのであれば、スタンドミキサーのほうが便利です。また、ハンドミキサーをスタンドに固定することもできます。固定すると、ミキサーは自動で動きます。より上手に撹拌するなら、回転ボウルを装備したスタンドミキサーがおすすめです。それぞれの道具の材質にもご注意ください。一番よい材質はステンレス。丈夫で長持ち、食器洗浄機で洗うことができるのでお手入れも簡単です。

フードプロセッサー

最も用途の広い家電製品。混ぜる、練る、スライスする、おろす、ジュースにする、泡立てる、そして果汁を搾ることができます。フードプロセッサーは面倒な作業を楽にしてくれるものですが、料理の経験が豊富な人向けの器具といえるでしょう。付属品が多くほかの家電製品よりもかさばる為、これらをうまく使いこなせないということになると、多用途であることがメリットどころか逆にデメリットになってしまいます。つまり、自分のニーズを見極めることが最も重要になるのです。用途に応じてミキサー、スティックミキサー、ハンドミキサーを使い分けるほうがより便利な事もあり得ます。

関連商品

関連製品は以下の通りです。

 
メールで送信

他の友人にも送信

メールのプレビュー こんにちは。エレクトロラックスの製品をご紹介いたします。

閉じる
 
シェア先を選択してください。
閉じる