エルゴパワーモニターレポート02

エルゴパワーモニターレポート02

  • 興味があったスティックタイプ
    現在使っているのはエレクトロラックスのウルトラワン。我が家は2階建てなのですが、週に3回程度、家中をお掃除しています。この掃除機はこだわって購入したので不満なところはあまりないのですが、例えば、朝の仕事に出る前の時間にサッとかけたいときに掃除機をだして、コードをのばしてというのは手間に感じますね。取り回しについても、ウルトラワンは吸引力が優れているので、しょうがないというか、そこまで不満には感じていませんでした。軽すぎると逆に吸引力がおちるのでは?と心配になるほうなので。ですが、スティック型掃除機が欲しかったのも事実です。私の実家ではエルゴラピードを使っていて、平日はエルゴラピード、休日にはキャニスターと使い分けているのでそれを見ていると、例えば洗面所だけをちょっと掃除したいときなどは、あると便利そうだなと思っていました。
  • ダストカップ一杯のゴミは吸引力の証し
    吸引力はキャニスターと変わらない、と感じました。というのもモニターで10日間程度使用してみて、その間2回ゴミ捨てをしたのですが、ダストカップ一杯に想像以上にゴミが入っていました。いつもと違うところを掃除したわけではないのですが、すごくホコリをとってくれていてびっくりしました。なかでも吸い取った綿ボコリの上にパウダー状のゴミがすごくたくさんあって、こんなに細かいものも吸っているんだと感心しました。紙パックだとゴミは見えないので3か月に1度くらい交換しているだけなのですが、10日間でもダストカップ一杯になったということはゴミの量としても相当吸ってるということですよね。
  • モップ替わりになる手軽さ
    普段掃除機は収納しているのですが、エルゴパワーはリビングに出しっぱなしにしていました。そのせいか、いつもは昼間にお掃除することが多いのですが、夜寝る前にサッとかけたりすることもできました。自立するというのもいいですね。お掃除しているときは片づけをしたり、掃除機から手を放すことがありますが、キャニスターのホースだとどこかに立てかけたりしなければならないので、その点も扱いやすいですね。今使っているコード付きのものは、まず出してきてコードを最大まで引き延ばしてからようやくお掃除開始。なので「掃除をするぞ」という気持ちのスイッチも入れなければならないのですが、エルゴパワーはコードを気にしたり、掃除を始める手間がありませんでした。手軽に掃除をはじめられて、リビングから気の向くまま洗面所やキッチンまでお掃除できてしまいます。
    私にとってはモップ替わりになる掃除機でした。主人は週末だけしか使っていないのですが、パワーがすごいという印象でした。それとやはり手軽さですね。コードを出す手間がないぶんすごく手軽に感じていました。またキッチンで小麦粉をこぼしたりしたときもサッとお掃除できました。フィルターからもイヤなホコリ臭さもありませんし、リビングからすぐに持ってきてキッチンで使用するのにも抵抗はありませんでした。
  • 私にとって掃除機で大事なのは吸引力
    私は家事のなかでお掃除が好きなほうなので、どんな場所でも掃除機で掃除するほうなのですが、一番イヤなのは「掃除が終わってからホコリをみつけること」なんです。なので掃除機に求める性能も、私は吸引力が大切。エルゴパワーをはじめて持った時は、キャニスターのホースとハンドルに比べると(当然ですが)すこし重いかな?と感じたのですが、それもすぐに慣れてしまいましたね。その重量感も吸引力のある掃除機だと聞いて納得です。スティックタイプでこれだけの吸引力ってなかなかないと思います。特にノズルを部屋のスミに持っていくと吸っている感じがします。ホコリってどうしても部屋のスミにたまるので、部屋のスミで試してみて、「あ、これはいい」と思いましたね。使い捨てタイプのモップでお掃除してキレイになった気でいましたが、エルゴパワーとモップでは、イスの足にたまってくるホコリの量が全然違いました。バッテリについても、1回のお掃除で切れることはありませんでした。フローリングやカーペット、畳など1階、2階のすべての部屋をお掃除しても全然大丈夫でした。充電スタンドがあるので毎日夜寝る前には充電できますしね。

ergopower

エルゴパワーモニターレポート

エルゴパワー特集ページ

商品ページ

エルゴパワーユーザーの声

さらに詳しく

エルゴパワーのこだわり

さらに詳しく

エルゴパワーモニターレポート01

さらに詳しく

エルゴパワーモニターレポート

さらに詳しく

エルゴパワーモニターレポート03

さらに詳しく