Our Journey

Our Journey エピソード3

1920年代、スウェーデンの王立工科大学の技術者だったバルザー・フォン・プラテンとカール・ミュンターは熱吸収式冷蔵庫を開発しました。 当時としては大変なブレイクスルーであったこの冷蔵庫は、永久封入されたアンモニア・水・水素の性質を利用して冷却するためモーターを必要としませんでした。

  • 天才たちの競演
    1920年代、スウェーデンの王立工科大学の技術者だったバルザー・フォン・プラテンとカール・ミュンターは熱吸収式冷蔵庫を開発しました。当時としては大変なブレイクスルーであったこの冷蔵庫は、永久封入されたアンモニア・水・水素の性質を利用して冷却するためモーターを必要としませんでした。そのため、音と振動が全くなく、とても静かな冷蔵庫として世界の注目を集めると同時に、家庭で爆発することさえあったコンプレッサー型に比べてはるかに安全との評価も得たのです。
    時を同じくして、アルバート・アインシュタインと元の教え子レオ・シラードも類似する技術を開発、特許を申請していました。エレクトロラックスは、ただちにその特許を買い取りましたが、フォン・プラテンとミュンターの技術の方がすぐれていると判断したため、アインシュタインの冷蔵庫が商業化されることはありませんでした。当時すでに学者として世界的に有名だったアインシュタインではなく、フォン・プラテンとミュンターを選ぶことは大変な決断でしたが、この未来を見通した正しい判断によってエレクトロラックスが最初の冷蔵庫として発売したModel Dは大成功を収めたのです。
  • 食器洗い機をあなたにも
    エレクトロラックス最初の食器洗い機(D10)は、1959年にリリースされました。
    それは世界初のカウンターの上に置くタイプの食器洗い機でした。
    それまでとは違いキッチンを工事して設置することがなく、
    手軽でどの家庭にも普及することになりました。
  • 三ツ星のキッチン器具
    ミシュラン・ガイド・ルージュに載ったシェフの半分が
    キッチンでエレクトロラックスの製品を使っています。
前の記事

Our Journey
エピソード4

次の記事

Our Journey
エピソード2

トピック